Entries

2013年2月気仙沼大島ツアー参加者募集

400nentsubakit02200293_0480064012204511898.jpg

〜締切を2013年1月10日まで延長しました〜

来年のカレンダーや手帳が気になる季節。
みなさまお元気ですか?

来年2月に、気仙沼大島を訪ねるツアーを計画。
ようやく行程が決まりました!

気仙沼大島に元気を届けてください!
樹齢400年の椿にも会います!
フラダンスとハンドトリートメント、島内めぐりを行います。


上の写真が、樹齢400年の椿。
根本に小さく映っているのが、気仙沼大島で椿を育て
地域の自然・文化を守りながら復興を目指す
小野寺栄喜さんです。

下の写真は、NHK仙台の取材を受ける小野寺さん(左)と
気仙沼大島の椿を育てる会事務局として販売支援をしている
浅野さん。(写真は2点とも浅野さんブログより)
kesennumao0320024012292663606.jpg

日程:2013年2月19日(火)〜20日(水)
費用:41,000円(安くなる可能性あり)
集合:19日 7:00 東京駅ホーム
解散:20日 21:15 東京駅ホーム
申し込み締切:12月25日(延長有)→1月10日(木)まで
*お名前、メールアドレス、携帯電話番号、住所、生年月日を
 お知らせください(旅行保険用に必要です)

申し込みはアロマ隊事務局まで
genkiaroma2011@gmail.com

主催:気仙沼大島椿を育てる会(椿の森・浅野里香)
協力:元気をおくるアロマ隊

元気をおくるアロマ隊 手当の輪応援
http://ameblo.jp/teatenowa/
浅野里香 Facebook
http://www.facebook.com/#!/events/121765624649165/

↓ツアーの詳細は続きから・・
気仙沼大島に元気を届けてください!
樹齢400年の椿にも会います!
フラダンスとハンドトリートメント、島内めぐりを行います。

元気をおくるアロマ隊
気仙沼大島「椿」ツアー参加者募集!
2013年2月19日(火)〜20日(水)1泊2日

費用:41000円(安くなる可能性あり)
集合:東京駅ホーム19日7:00
解散:東京駅ホーム20日21:15

●参加申込締切:12月25日(延長有)→1月10日(木)まで
申し込み時に、下記をお知らせください。
お名前・メルアド・携帯電話番号・住所・生年月日(旅行保険用)

※ご家族やご友人も、ぜひお誘いくださいませ。
※行き帰りの新幹線の時間は変更しない予定です。
※上記以外の旅程は変更になる可能性があります。
※フラダンスとアロマトリートメントを行います。

●旅程
【2月19日(火)】
東京駅7:16(新幹線はやて101号)
一関駅(バス)
気仙沼エースポート(フェリー)
浦の浜港
ランチ・休憩
開発センターにてフラ&ハンドマッサージ
明海荘【泊】
夕食交流会19:00〜21:00
【2月20日(水)】
朝食7:30 
明海荘
椿園(植樹ほか)
ランチタイム
大島島内めぐり(大椿・亀山等)
浦の浜港(フェリー)
気仙沼エースポート
気仙沼鹿折地区 見学(バス)
一関駅18:40(新幹線やまびこ64号)
東京駅21:12
※食事:19日朝×昼○夕○・20日朝○昼○夕×

主催:気仙沼大島椿を育てる会(椿の森・浅野里香)
協力:元気をおくるアロマ隊

元気をおくるアロマ隊 手当の輪応援
http://ameblo.jp/teatenowa/
浅野里香 Facebook
http://www.facebook.com/#!/events/121765624649165/

Appendix

活動報告書表紙

活動報告書(2011.5〜2012.6)をアップしました。 3つのPDFファイルに分けてあります。
1.全体活動報告(PDF)
2.共同代表活動報告(PDF)
3.登録メンバーの活動報告など(PDF)

 

協力団体

元気をおくるアロマ隊は、日本アロマコーディネーター協会(JAA)の協力団体です。主に情報の共有をベースに連携しています。 JAAホームページ

Extra

自立支援プロジェクト

I AM ♥愛 編むプロジェクト

がんばっぺ!広野町!

気仙沼大島椿オイル販売

 

元気アロマ・ネットとは

〈アロマテラピストたちの個々の活動を横につなぎ、その経験やノウハウを集め、発信し、災害ボランティア活動を支援するネットワークです〉

2011年3月11日に起きた東日本大震災の直後から、各地のアロマテラピストたちが自発的な活動を始めています。
→続きをよむ

設立趣意(PDF)

運営団体

応援団


最新記事

アロマボランティアについて

◎アロマボランティアとは

アロマ(精油)注)を使ったマッサージなどの専門知識と技術で、被災者の心と体の健康をケアする活動です。いくつかの被災地や避難所で実際にアロマボランティアの活動が認知されはじめています。

注)薬事法のマッサージとは異なりますが、避難所ボランティアの現場では、マッサージが一番理解してもらいやすいため、当ホームページではマッサージと表現しています。


事例紹介1@県外の一時避難所


◎アロマボランティアができること


リンクバナー

本ホームページへのリンクは、自由です。必要な方は、下記のバナーをダウンロードしてお使いください。

バナー大

200×40ピクセル

バナー小

88×31ピクセル